仕上げ磨きについて✨

こんにちは!
歯科衛生士の今村です😎

今日はお子様の仕上げ磨きについてお話しようと思います( ^ ^ )
お子様に仕上げ磨きをしている時に歯茎から出血したことはありませんか??力が入りすぎたからでしょうか??
そういう場合も無いわけではありませんがそこは歯肉炎の可能性が高いと思います(ー ー;)

小学生の3人〜4人に1人は歯肉炎というデータも出ています💣💣

なので可能なら小学生のうちは毎日保護者の方が仕上げ磨きをしてあげて下さい!

 

普段磨き残しがたまったままその女体で放置してしまうとその部分の歯茎か炎症を起こしてしまいます。

img5_detail_section1_pc

炎症を起こしてしまうと歯ブラシがその部分にあたるというようなちょっとした刺激や、普段加わらないような刺激(例えば定期的に歯科医院に通ってない方が久しぶりに歯科医院にきて歯石を取るというような)刺激に過剰に反応し歯茎から出血するようになります💦

炎症の程度が重度であればあるほど出血は多く、さらに出血は続きます。

ですが!血が出たからといって歯ブラシを避けたりするのはかえってよくありません。歯肉炎の症状が進んでしまうことになりかねません😱

血が出たところ=磨き方が不十分なところ

と認識していただき、そこを痛く無い程度の力で(歯肉炎の程度によっては磨きと痛いこともあります)重点的に優しく磨いてください(^_^)優しく優しくしっかり毛先を当てて汚れを落としてあげて下さい✨

 

虫歯もですが、やはり歯肉炎や歯周病に対しての一番大切なのは日々のご自宅でのブラッシングを含めたケアなのです😁!

大人の方、お子様にかかわらず頻繁に歯ブラシの時に出血する場合は一度歯科医院で正しいブラッシング指導を受けたり定期的にクリーニングや歯石とりを受けることをお勧めします😋✨

 

虫歯、歯肉炎、歯周病・・・お口の中の病気のほとんどは毎日の生活習慣に問題があります。

よく症状が出る(しょっちゅう虫歯ができる、歯茎が腫れる、口臭など)ということはそれだけ日常生活に改善するという点があるからということかもしれません。

歯周病や歯肉炎は予防が肝心です!

ご家族全員で歯科医院で適切な予防をすることを考えてみませんか😊?

 

 

ブログ, 未分類